cobas b 101

cobas b 101

「cobas b 101」は指先などからの一度の採血によりHbA1cと脂質を連続で測定し、同時に結果を表示できる国内初のPOC分析装置。
簡単3ステップ操作、扱いやすい6cm試薬ディスク、便利なデュアル測定モードなど簡単、迅速、検査室レベルの精度の測定をコンパクトなベンチトップサイズで実現しています。
「cobas b 101」が一般診療所における生活習慣病関連項目の測定をスマートにします。

主な製品特長

簡単!3ステップ操作。HbA1c、脂質項目を全血で6分測定。
「cobas b 101」はHbA1c、脂質ともに6分で測定可能。装置を立ち上げて使用する場合(起動時間5分)でも、血液の採取の時間を含め測定時間は12~13分程度です。さらに微量検体(HbA1c:2μL、脂質:19μL)で測定可能ですから、待ち時間を含め患者さまへの負担を抑えた診療に貢献します。

  • 指先からの全血使用可能。特別な器具不要。

    検体は指先から直接、試薬ディスクの吸引ポイントに充填するだけです。特別な器具を必要としません。

  • 校正不要。冷蔵保存不要。

    「cobas b 101」は校正の必要がなく、3ステップ操作だけで測定ができ、特別なメンテナンスも不要です。試薬ディスクは2~30℃で保存でき、取り扱いが簡単です。直径6cmのコンパクトなディスクサイズですから保管場所も取りません。

  • シングル測定、デュアル測定、2種類の測定モード。

    ひとりの患者さまでHbA1c、脂質の両方の測定が必要な場合、デュアル測定モードを選択し、採血した2つのディスクを順番に装填することで、一連の流れの中で測定が可能になり、効率よく測定が行えます。

測定項目一覧

項目名
HbA1c(グリコヘモグロビンA1c)
脂質(総コレステロール、HDL-コレステロール、トリグリセライド)
  • ※推定平均血糖値(eAG)、LDL-コレステロール、non-HDL-コレステロール、総コレステロール/HDL-コレステロール比を計算式により算出可能

製品仕様一覧

項目 詳細
製品名 コバス b 101
外形寸法 135mm(W) x 234mm(D) x 184mm(H)
重量 約2kg(電源アダプターを含まず)
使用環境 測定可能温度:15~32℃  測定可能湿度:10~85%
検体量 2μL(HbA1c)、19μL(脂質)
測定時間 HbA1c、脂質共に約6分
測定範囲 HbA1c:4.0~14.0%(NGSP値)、20~130mmol/mol(IFCC値)
脂  質:50~500mg/dL(総コレステロール)、 15~100mg/dL(HDL-コレステロール)、 45~650mg/dL(トリグリセライド)
使用検体 HbA1c:毛細管全血、EDTA-2K添加静脈全血、ヘパリン-Li添加静脈全血
脂  質:毛細管全血、EDTA-2K添加静脈全血、EDTA-2K添加静脈血漿
メモリー 患者検体測定結果:5,000件  精度管理試料測定結果:500件
患者ID:500件  オペレータID:50件(うち管理者ID:5件)
インターフェース PC用USBインターフェース、バーコードスキャナー用インターフェース
プリンターまたはUSBメモリースティック用インターフェース、ベースユニットハブ用RS422インターフェース
電源電圧等 電源アダプター 入力:AC100~240V、50/60Hz電源アダプター 出力:DC12V  消費電力:最大60VA

製品一覧

商品コード 製品名 包装 貯法
518-507800 コバス b 101 1台 温度:-25~+60℃
湿度:10~90%
(結露しないこと)
518-507817 コバス b 101用
HbA1c測定試薬ディスク
10テスト 2~30℃
518-507824 コバス b 101用
脂質測定試薬ディスク
10テスト 2~30℃
518-507848 コバス 101用
HbA1c測定コントロール
1mLx2濃度x2本
QC Info ディスク1枚
2~8℃
518-507855 コバス 101用
脂質測定コントロール
2mLx2濃度x2本
QC Info ディスク1枚
2~8℃
518-507916 コバス 101用
プリンター
1台 -20~+60℃
518-507923 コバス 101用
プリンター用紙
5個 室温

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

〒105-0014 東京都港区芝2-6-1