製品紹介 遺伝子検査(MD)製品一覧

遺伝子検査(MD)製品一覧

PCR法は遺伝子検査のグローバルスタンダードとして世界に認知され、多くの医療関係者に幅広くご支持をいただいている技術です。これまでは迅速な診断が不可能とされてきた、 ウイルス、細菌に起因する感染症も、PCR技術を臨床に応用することで、より早く、より簡便に診断することが可能となります。

PCR検査用自動測定装置『コバスシステム』

PCR検査用自動測定装置『コバス8800システム』

充実した遺伝子検査項目を測定可能なフルオートメーション化されたハイスループットシステムです。 日本語化されたソフトウェア&タッチスクリーンモニターで直観的に操作できるようにしました。

PCR検査用自動測定装置『コバスシステム』

PCR検査用自動測定装置『コバス6800システム』

充実した遺伝子検査項目を測定可能なフルオートメーション化されたハイスループットシステムです。 日本語化されたソフトウェア&タッチスクリーンモニターで直観的に操作できるようにしました。

PCR検査用自動測定装置『コバスシステム』

PCR検査用自動測定装置『コバス4800システム』

コバス4800システムは全自動核酸抽出装置「コバスx480」と核酸増幅・検出装置「コバスz480」を組み合わせたシステムで、抽出済みサンプルの移動以外はすべて自動化されております。

PCR検査用核酸増幅・検出装置『コバス z 480』

PCR検査用核酸増幅・検出装置『コバス z 480』

コバス z 480は医療機器として製造販売しているリアルタイムPCR装置です。測定可能なラインナップとして、コバス・オンコロジー製品があります。
(製造販売届出番号:13B1X00201000056)

PCR検査用自動測定装置『TaqMan「オート」システムA』

PCR検査用自動測定装置『TaqMan「オート」システムA』

システムAは全自動核酸抽出装置「コバス AmpliPrep」と核酸増幅・検出装置「コバス TaqMan」を連結したシステムで全自動測定を実現しました。

PCR検査用自動測定装置『TaqMan「オート」システムB』

PCR検査用自動測定装置『TaqMan「オート」システムB』

システムBは全自動核酸抽出装置「コバス AmpliPrep」と核酸増幅・検出装置「コバス TaqMan 48」を組み合わせたシステムで、抽出済みサンプルの移動以外はすべて自動化されております。

PCR検査用核酸増幅・検出装置「コバス TaqMan 48」

PCR検査用核酸増幅・検出装置「コバス TaqMan 48」

コバス TaqMan 48は処理済み検体と増幅用試薬を混合した反応容器をセットするだけで、増幅工程と検出工程を1ステップで実施する“TaqMan法”により約2.5時間で結果が得られます。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

〒105-0014 東京都港区芝2-6-1